スペインが生んだブランド、LOEWE(ロエベ)

ロエベ

スペインが生んだ高級ブランド、「ロエベ」

闘牛場の本拠地、スペインが生んだ高級ブランド、「ロエベ」は好きなブランドの一つです。私が初めて買ったバッグはスエード素材のシンプルで上品なデザインでした。
初めての海外旅行、スペインで購入した当初、恥ずかしながらロエベを知りませんでした・・・。
まだ私は学生で、ブランドには疎くて。でも一目ぼれして思い切って買ったバッグがロエベだと知って驚きました。そんな思い出がある、ロエベについて書きます。

LOEWE(ロエベ)

1846年にマドリードでスタートしたLOEWE ( ロエベ ) は、100年以上にわたってレザー製の財布やハンドバッグのみを扱ってきましたが、1965年には遂に既製服コレクションを発表したのであります。当時は、レザーケースやバッグ、財布、葉巻入れ、フレーム、コインケース、煙草入れといったレザー製品のみを扱っていました。

LOEWE(ロエベ) LOEWE(ロエベ)

その後1872年、当時ドイツの職人だったエンリケ・ロエベ・レスベルグは、マドリードへ訪れてエチェガライ通りのこの工房を見学した際に、職人達の技術や素材、品質の高さに感銘を受け、パートナーとして工房で働く事になりました。
皮革製品の大国であるスペインで、工房の上質な製品に感動し、虜になったエンリケ・ロエベ・ロスバーグ は1892年に自身の名を冠した店舗併設型工房「Eロエベ ブティック」を立ち上げ、パートナーとして共に働くようになります。
「ロエベ」は1846年にスペインの皮革職人が立ち上げた工房がスタートとなりますが、「ロエベ」ブランドとしてのスタートはロエベがパートナーとなった1872年と捉えた方が良いかもしれません。

LOEWE(ロエベ)

1905年には、当時有力な顧客であったコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、高品質でオリジナリティ溢れるロエベの製品が高く評価された事により、アルフォンソ13世から王室御用達の称号を授かります。
1945年に、ロエベはカーフスキンレザーバッグでデビューし、その後女性向けの服装、香水、その他のアイテムへとロエベのラインナップを拡大していきました。

LOEWE(ロエベ)

1996年に創立150周年という転換点を迎えましたが、モエ ヘネシー ルイ ヴィトン SE (LVMH) に引き継がれ、新しく採用された有名デザイナー、ジョナサン アンダーソンの助けにより、ロエベ ブランドは復活して大きな成功を収めました。高品質な職人技へ。170年前にマドリードの街で誕生したものは、ロエベの熟練のクラフツマンシップとともに今日まで受け継がれています。
長い歴史を持つロエベはこれからも愛される高級ブランドとして、私たちのファッションを飾ってほしいですね!

LOEWE(ロエベ)