エルメスのスカーフ カレ

エルメスのスカーフ カレ

エルメスのカレ使いでオシャレ度アップ

エルメスのカレ使いでオシャレ度アップ!
エルメスの代表的アイテムといえば鮮やかなデザインでインパクトが高いスカーフ「カレ」ですね。エルメスのスカーフ「カレ」が印象強いのは、やはり鮮やかな色合いだからでしょう。ちなみに「カレ」はフランス語で正方形を意味してるのですが、ご存じでしたか?

エルメスのスカーフ カレ エルメスのスカーフ カレ

1937年に誕生したエルメスの「カレ」は、しなやかなシルク素材、多様な色彩に独創的なデザインは多くの人々を魅了し続けてます。そして1950年代には、シルクスクリーン製造法が確立され、鮮やかな色合いでシルクに表現できるようになったことで、エルメスのカレは注目を浴びるようになりました。

シルク産業の中心地であるリヨンのアトリエで、熟練した職人による手作業で生まれました。エルメスのカレは単なる印刷されて描かれているプリントではありません。エルメスの「カレ」1枚に使われる色は2色から40色ほどにもなり、原画をもとに熟練の職人の手によって配色、そして染色の調合されているそうです。

エルメスのスカーフ カレ

こうした丁寧な作業をいくつもの段階を経て作られていることから、1枚のカレを完成させるまでに数百時間を要することも有ると言われています。最後に四方の縁を縫うのも職人さんの手作業によるものなのです。このように、気が遠くなるほどの工程と熟練の職人の丁寧な仕事によってエルメスのカレが世に送り出されているのです。

色合いだけではなく、デザインの方向性などもさまざまあり、1つのデザインを企画してから販売するまでにかかる時間は約2年と言われています。年に2回カレの新作が発表されており、カレを集めるコレクターも多く存在します。また、今日に至るまで考案されたデザインは1500種以上にものぼると言われているのです。人気のデザインに至っては配色を変えて、バリエーション豊かに表情を変えて進化しています。

エルメスのスカーフ カレ エルメスのスカーフ カレ

カレのデザインには、エルメス誕生の歴史に関する馬や馬具が多く登場します。エルメスを創業したティエリ・エルメスは馬具職人であり、エルメスは高級馬具工房として設立されました。その後、馬具製造の技術を応用して、馬具以外のファッションも手掛けるようになり、スカーフも製造され始めます。

スカーフとしても巻き方のバリエーション豊かでオシャレ演出に重宝するカレですが、最近では額縁に入れて絵画として、インテリアや美術品としても人気があります。友だちの家にエルメスのスカーフが壁にかざってあると、「あ!オシャレ―」って思いますよね!
胸元を飾るスカーフとしてはもちろん、バッグのハンドルに巻いてオシャレ度と気分をアップさせるアイテムでもあります。

ついつい同じバーキンが道行く人と被ってしまう事があっても、スカーフの柄選びだったり、巻き方だったりと自分なりのオシャレを表現することができますね。

エルメスのスカーフ カレ エルメスのスカーフ カレ