カルティエの名声を高めたラブ コレクション

カルティエの名声を高めたラブ コレクション

カルティエのラブリングは女子の憧れ!

アイコニックなラブ カルティエ リングは、数多くのブランドに影響を与えるほど、長い間ずっとずっと期待されているジュエリーなのです。それでも、これに匹敵するものは存在しませんよね。ラブ ドゥ カルティエ コレクションは、多くのジュエラーにインスピレーションを与え、多くの人々に夢を与えています。ネジモチーフの刻印が施されたラブ ドゥ カルティエ リングは、長年ジュエリーの歴史に根ざしています。
カルティエハウスの名声を高めたジュエリー コレクションには、ジュスト アン クル、ラブ、パンテール、トリニティなどがあり、それぞれにストーリーが存在します。

カルティエラブ リング

愛のコレクションは、当時の「平和と愛」の雰囲気、そして何よりも愛のテーマを表現する宝石を作りたいというカルティエの依頼により、1969年にアルド シプロによってデザインされました。彼はネジをモチーフにした Love ブレスレットを作成しました。こちらに付属するネジは単なる飾りではないのです。ブレスレットは2つのパーツがネジで留められて作られており、開けるにはブランドが提供する小さな金色のドライバーを使用する必要があるんです!お相手にはブレスレットを身につけ、そして自分は相互愛着の象徴であるドライバーを大切に保管することで、ラブブレスレットは強い愛の象徴とされました。愛する人に捧げるためにのみ購入することができるこちらのブレスレットは、愛の誓いを誓いの中に封印することを可能にしたのです。ドライバーで愛を封じ込めるだなんて、画期的なジュエリーですね!
でも実は、カルティエは初期の頃、自分自身への捧げ物としてラブ ブレスレットを販売することを拒否していたそうです。世界にひとつだけのジュエリーだなんて、なんてロマンチックなんでしょう!

カルティエラブ ブレスレット

その後、Love コレクションはリング、ネックレス、イヤリングとともに成長していきました。ネジは留め金としての役割を失い、コレクションを象徴するモチーフとなっています。
カルティエのラブ リングは、カルティエの象徴的なラブ コレクションのひとつです。このコレクションは1970年代に初めて導入されました。カルティエは、それが時代の自由な愛を象徴するものであると考えました。

結婚指輪としてはもちろん、日常使いのジュエリーとしても最適です。シンプルなので幅広いコーディネートにも合わせやすく、どんな場面でも美しく輝くことでしょう。カルティエのラブ リングは、永遠の愛を誓うシンボルとして、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。
フォーマルな服装にも馴染むエレガントな印象を持つ、カルティエのラブ リング。このリングは、自分にぴったりのデザインを見つけやすいため、多くの方に愛されています。シンプルでクラシックなアイテムが求められる場面であれば、特別なアイテムが欲しい場面であれば、カルティエのラブ リングがしっかりとサポートしてくれます。この象徴的なジュエリーラインは、シンプルなエレガンスと高品質な素材で、発表当初から人気を博しているのです。

流行に左右されないデザインが魅力のカルティエのラブ リング。クラシックなジュエリーではありますが、退屈さを感じさせません。様々なスタイルに合わせやすいデザインが特徴で、シンプルなラインが美しいラブ リングは、他のリングとは一線を画しています。その多用途性があり、シンプルでクラシックなため、どのようなルックでも調和し、派手過ぎることもありません。
控えめでシンプルなエレガンスが詰まったカルティエのラブ リングは、純粋な金属の光沢と上質な宝石の輝きが融合し、どのような組み合わせでも素敵に見えるアイテムです。この多用途性と象徴性ゆえに、結婚指輪としても選ばれることが多いですが、別の指に着用して、自分のシグネチャールックに組み込むこともできます。

カルティエラブ リング

カルティエのラブ リングには、様々な色のゴールドやプラチナが選べるほか、古典的なネジのデザインに代わり、上質な宝石を使用したバージョンも用意されています。幅も異なるため、好みやスタイルに合ったリングを簡単に見つけることができます。
この時代を超越したクラシックなデザインは、今日だけでなく、明日のファッションにもふさわしいリングです。結婚指輪としてラブ リングを選ぶ方も、自分の特徴的なスタイルの一部に取り入れたい方も、この象徴的なデザインに魅了されることでしょう。時の試練に耐えうる、カルティエのラブ リングは、あなたの手元を永遠に輝かせてくれることでしょう。